読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1ビットコインから始めるHYIP【ハイプ】

有名なビットリージョンでビットコインが貯まった管理人が1ビットコインをHYIP(ハイプ)に突っ込んで監視していくブログです。

ビットリージョンGH進行状況(2017年4月11日)追記4月12日7時

ビットリージョン
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

本日のビットリージョンですが、16時ごろからこちらのエラー表示になっており、アクセスできない状態になっています。

f:id:ramenoyaji20:20170411200940j:plain

 これは、一時的にサーバーにアクセスできない場合のエラー表示です。

HTTPによる通信の際、クライアント(ブラウザー)からのアクセス要求に対するサーバー側からの返答コード(HTTPステータスコード)の一つ。初めの5がサーバー内部のエラーであることを示している。同様にサーバーエラーが関連して表示されるエラーコードである500 Internal Server Errorとは違い、このコードは一時的にサーバにアクセスできずサービスが利用不可能になっていることを示している。このコードが表示される要因としては、

  • 当該ウェブサイトに瞬間的に多数のアクセスがなされ、サーバーが処理不能に陥った。
  • サーバーがメンテナンス中などで機能していなかった。
  • サーバ内の最大データ転送量を超過した。
  • 同一サーバ内の他のサイトへのアクセスの集中。

などが挙げられる。一度このエラーが発生してしまうと、サーバのトラブルが解消されない限り復旧しない。対処法としてはウェブサーバー側の高性能化、キャッシュを利用したデータの転送量および転送速度の向上などがある。

HTTP 503 - Wikipediaより

 ログインページだけでなく、https://bitregion.com/のページも表示されていません。

一応閉鎖されている可能性は少ないようですので、様子見しかないです。

時間を空けるしかありません。

ちなみに昨年サーバーメンテナンスの際は、サーバーメンテナンスの案内表示はされていました。

(昨年11月は頻発していました、覚えている方も多いと思います)

今年に入って以降、案内表示なしでこのような画面になるのは正直勘弁してほしいですよね。

事前にメンテナンスの案内がないのは、ハッキングされるタイミングを計られないためという理屈だと思いますが、本日のこの表示、、「しっかり運営はサイト管理しているのか?」と少し気になりますね。

年末年始から4月1日のアナウンスまでの沈黙の期間といい、本日のエラー表示といい、運営が変わったというならしっかりした対応を望みたいです。

追記4月12日7時

何時ごろ復旧したか不明ですが、7時現在ビットリージョンにアクセスできるようになりました。

f:id:ramenoyaji20:20170412071813j:plain

40572(10日20時)⇒40544

40572(10日20時)⇒40544

サイト内のニュースでは、今回のエラー表示や新たなアナウンスはありません。

アクセスできるようでひとまず良かったですよね。